プロ野球いろいろ速報

G小林誠、捕手2冠射程 打率1割台で終われば82年山倉以来の“怪挙”

2016.09.05.Mon.12:05
1: 名無しさん@野球好き\(^o^)/ 2016/09/03(土)11:19:00 ID:Z8F
トホホな珍記録が生まれるかもしれない。阿部の故障などで、今季の巨人の指令塔を務めている3年目・小林誠司捕手(27)は、9月1日現在で両リーグワーストの打率.201。
2割ラインに踏みとどまっているが、規定打席数をクリアした上で1割台に終われば、プロ野球史上では1982年の巨人・山倉和博捕手(.196)以来34年ぶりの“怪挙”となる。

「いいキャッチャーになっていきたい」と謙虚に語るが、投手のリードで頭がいっぱいといった様子だ。

それでも、今のところセ・リーグ球団の捕手では唯一、常時出場し規定打席をクリアしている。ゴールデン・グラブ&ベストナイン両賞の有力候補といえる。

http://www.zakzak.co.jp/sports/baseball/news/20160903/bbl1609031000003-n1.htm
pseoKRa.jpg


2: 名無しさん@野球好き\(^o^)/ 2016/09/03(土)11:20:08 ID:0At
捕手はどこも薄いからしゃーない

4: 名無しさん@野球好き\(^o^)/ 2016/09/03(土)11:22:47 ID:2Wb
石原が2割のったから結構GGもベストナインも危なくなってきたやろ


続きを読む
関連記事
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ
 | HOME | 

【速報】プロ野球いろいろ速報がおススメをお送りしています

↑PageTop